最終更新日:2003年11月11日

皮膚のとらぶる・・・治療の基本は正しいスキンケアから

「最近なんだか痒くて・・・」、「ニキビが増えてきた」、「手荒れがひどくて・・・」 病院にかかる前にスキンケアについて考えてみましょう。  基本は、清潔な肌と保湿、バランスよい食事と規則正しい生活。皮膚も人体を構成する臓器のひとつですから、不摂生はたちまち皮膚にあらわれます。 次に保湿。潤いのある皮膚はバリア効果により多くの皮膚トラブルを防ぐことができます。エアコンの普及した現代では、冬だけでなく夏にも夏の保湿が必要です。 食事も大切な「治療」のひとつです。正しい食生活なくしてきれいな皮膚はありえないと言っても過言ではありません。高脂肪食を避け、和食を中心とした生活を心がけてください。 以上が心がけてほしい最低限のスキンケアですが、ほかにも疾患に応じた大切な自己管理があります。薬の使用を開始する前に、正しい自己管理がすべての治療の基本となることを理解して下さい。 スキンケア=自己管理。これは自分にしかできないこと、病院にかかる前でもできること、病院にかかった後も続けなければならないこと。

お話を伺ったのは・・・
笠島 智子(かさしま ともこ)先生
ドクターのクリニック詳細情報
とも皮ふクリニック
皮膚科

ああ