最終更新日:2006年2月15日

スポーツ外傷(前十字靭帯損傷)

スポーツ外傷 前十字靭帯損傷

【前十字靱帯とは】
膝の内部にある靱帯で、主に膝が前後に過度に動くのを防ぐ役割をします。
スキー・サッカー・バスケットなどのスポーツで損傷しやすい靭帯です。

【どのような症状ですか】
腫れや痛みのために膝を曲げることが困難になります。
損傷の程度により、靭帯が伸びたり一部分傷んだりする部分断裂と完全断裂にわけられます。
内側半月や内側側副靭帯損傷損傷を伴うことが多く、その場合には治療に難渋します。

また慢性期には、歩行時に膝崩れをよく引き起こします。

【受傷直後の注意点】
早めの処置が大事です。方法は安静・冷却・圧迫・挙上によるRICE療法をしてください。移動の際には膝を包帯や副木で固定し、その後専門医を受診し診断、治療を受けてください。

【治療方法】
部分断裂の場合は、急性期は冷却療法を、慢性期には温熱療法および筋力訓練で治療します。
前十字靭帯は、内側側副靭帯と比べて再生しにくい靭帯です。そのため完全断裂の場合で、スポーツ競技の継続を希望する場合は、手術で靭帯を作り直す方法(靭帯再建術)を選択します。靭帯再建術はここ一〇年位の間に最も進歩した手術方法で、勧められる手術の一つです。

【スポーツ復帰は】
日常生活やレクリエーションレベルのスポーツは受傷後の適切なリハビリで可能になります。

お話を伺ったのは・・・
真崎 友宏(まさき ともひろ)先生
ドクターのクリニック詳細情報
まさき整形外科(医療法人社団慈宏会)
内科一般, 各種健康診断, 各種予防接種

ああ