最終更新日:2006年2月15日

骨折、脱臼、捻挫(脱臼、捻挫)

骨折、脱臼、捻挫
骨折その1

今回は、捻挫・脱臼についてお話しいたします

【捻挫について】
関節に外力が加わり、関節包(関節を覆っているふくろ)や関節周囲の靭帯が損傷した状態を捻挫といいます。軽い炎症程度のものから、靭帯が完全に断裂する重症例まで様々です。重度の捻挫では、腫れや痛みが骨折とほとんど変わりがないため、レントゲン検査で骨折の有無を調べる必要があります。靭帯が切れている場合は、断裂の程度を診断し、適切な治療をしないと、痛みや関節不安定性が残ることがあります。

【捻挫の治療について】
症状が軽いものでは固定は行いませんが、痛みが強いものや靭帯も傷んでいる場合は、テーピングやギプス等で固定します。

【脱臼について】
関節が外れることをいいます。受傷直後より痛みがあり、脱臼のため関節を動かすことができなくなります。外見上変形がみられ、この部を動かそうとすると強い抵抗があります。

【脱臼の治療について】
なるべく早く脱臼を戻さなければなりません。関節面の骨折を合併していることがありますので、レントゲン検査が必要です。腱、筋、関節包、骨片などがはさまって整復できない場合もあります。この場合は、手術が必要となります。脱臼が戻った後にも一定期間の固定が必要です。

肩関節や足関節の場合は、この時にきちんと固定をしないと、習慣性(クセ)になることがあります。

お話を伺ったのは・・・
真崎 友宏(まさき ともひろ)先生
ドクターのクリニック詳細情報
まさき整形外科(医療法人社団慈宏会)
内科一般, 各種健康診断, 各種予防接種

ああ