最終更新日:2007年2月27日

マンモグラフィーで乳癌健診を受ける

近年日本人の乳癌罹患率が、毎年4万人近くまで急増してきています。
しかしながら乳癌検診の受診率は欧米の70%に比べ、10%程度と低く、まだ乳癌に対する危機意識が低いのが現状です。

県や市・区のマンモグラフィー併用の検診が行われてきていますが、財政面等の理由で、行われていない地域や、申し込み順による人数制限のある地域もあります。
現在は、40歳以上の1年おきに行われる地域が多いです。

つい最近のことで、外来で乳癌を認めた方のひとりは30代。
また一昨年まで自主検診も含め毎年検診を受けていたのに、去年に限って受けず、今年認めた方がいらっしゃいます。

私たちも決して見逃しがないように、読影に励んでいます。
また多くの方に検診を受けていただきたいと思っています。
しかしながら、患者さんがどこで受診したらよいのか、まだよくわからないというのも、検診事業の妨げの一つにもなっています。

地域的に人員不足であったり、マンモグラフィーがなかったりで、まだまだ社会的に整備されているとは言えません。ですから自分の身は自分で管理を基本に、怪しければすぐに(できれば乳腺専門医の)診察を受ける、あるいは最低1年に1回は乳腺の検査を行うことが重要と考えます。

足立幸博先生
お話を伺ったのは・・・
足立 幸博(あだち ゆきひろ)先生
ドクターのクリニック詳細情報
上野毛あだちクリニック
外科・乳腺外科・消化器内科・肛門外科・内科・内視鏡内科

ああ