最終更新日:2006年10月30日

ケミカルピーリングとは?

○ケミカルピーリングについて

主にグリコール酸や乳酸と呼ばれる液を肌に塗り、皮膚の表面の古い角質や汚れを取り除く方法です。
一週間に一度から二度さらに月に一度と継続して行うことで肌の新陳代謝が促されニキビやケアなの汚れ、くすみが改善されています。
さらに、ビタミンA,C,Eなどをイオン導入、超音波導入することで肌につやや、張りが出て美白効果やニキビ痕の改善が更に高まります。
新陳代謝が正常になるため毛穴が詰まりにくく、トラブルの少ない肌になります。

○イオン導入、超音波導入について

イオントフォレーシス(イオン導入法)は、微弱な電流を流すことで皮膚の表面に塗った抗酸化ビタミンや高濃度ビタミンCをイオン化させ、電気的な反発の力を利用して、皮膚の深部へ効果的に有効成分を浸透させる方法です。
その浸透効果は皮膚にただ塗装しただけの場合と比べ、約4倍もの効果があるといわれています。

超音波導入は、皮膚に超音波の物理的な振動を与えることにより、皮膚の中に空洞化現象を起こし、有効成分を皮膚の深部にまで浸透させる方法です。
その浸透効果は皮膚に塗布しただけの場合と比べ、約40倍~100倍もの効果があるといわれています。

ケミカルピーリングをご希望の方へ

妊娠中のかた、心臓ペースメーカーを入れていらっしゃるかたはイオン導入、超音波導入は、出来ません。
ご不明な点、ご心配なことがありましたらなんでもご質問ください。

お話を伺ったのは・・・
松窪 由美
ドクターのクリニック詳細情報
参宮橋皮フ科 松窪クリニック
皮膚科

ああ